menu
閉じる
  1. ジンゲロールってなに?作用や効果は?秘密は生姜!?
  2. くびれはコルセットで作る!冬だから出来る♪コートの下でこっそりダイエッ…
  3. スクワットチャレンジの効果は?間違ったやり方だと太くなる!?
  4. BBQの食材をおしゃれに!?モテる差し入れで女子力UP!
  5. 日焼け止めの効果的な塗り方は?SPFの選び方とおすすめ!
  6. 分子ガストロノミーとは?実験?液体窒素を使う調理方法?!
  7. 二の腕のダイエット!痩せるエクササイズで夏までに細くなろう!
  8. お正月って暇じゃない?独身編☆友達?親戚?みんなの過ごし方は!?
  9. かきあげバング、ロングスタイル2016☆ゆるふわなロングヘアで可愛くス…
  10. ヒルドイドやビーソフテンの効果は?ヘパリン類似物質油性クリームって何?…
閉じる
閉じる
  1. ゴーヤの苦味の取り方は?冷凍は出来る?栄養価やおすすめレシピは?
  2. 工作低学年!簡単に楽しく♪作り方と材料は?おすすめ4選2016!
  3. お盆が暇なんて嫌!?2016年おすすめスポットは?!
  4. 盆踊りの曲の定番は?懐かしいアニメソングも♪三大盆踊りはどこ?
  5. 産後ダイエット!運動で骨盤を締める!出産は綺麗になるチャンス!?
  6. 産後ダイエット!食事の改善で腸内美人♪出産は綺麗になるチャンス!?
  7. 30代のダイエット方法!基礎代謝の低下でどんどん増える体重・・対処法は…
  8. 20代のダイエット方法!◯◯の解消で落ちる体重!週2のジムもオススメ!…
  9. 10代のダイエット方法!◯◯はダメ!運動と部分痩せがオススメ!
  10. スクワットチャレンジの効果は?間違ったやり方だと太くなる!?
閉じる

イケジョ通。

オリゴ糖の効果!種類が色々あるって本当?おすすめは難消化性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
origo1

SPONSORED LINK

こんにちは!

みなさんは健康に気を付けてることってありますか?

お腹の調子が悪い時、
お肌の調子が悪い時、
風邪をひきそうな時、
糖尿病の疑いがある時など、、
(最近は若い人の糖尿病が増えてますからね!)

対策法ってありますか?

薬に頼ってばかりではないですか?

日頃から自分自身で健康管理に気を付けていれば、
体調を崩すことも少なくなるかもしれません。

崩してからではなく、
崩す前に行動する!
それか素敵な女性の生活習慣なのかもしれません♪


オリゴ糖には種類がある!?それぞれどんな効果や特徴があるの?

oligosaccharide
(出典 http://tenkabutsu.com/ )

オリゴ糖の”オリゴ”とは、『少し・少ない』という意味で、
少糖類(しょうとうるい)とも呼ばれています。

糖質で甘味がありますが、普通の白砂糖と比べて低カロリーです。

オリゴ糖と呼ばれるものの種類はたくさんあり、
天然のもの、合成されたもの、
消化されやすいもの、消化されにくいものまで様々です。

健康に良い、人にとって有用なものを
オリゴ糖と単純に名付けているのが実態です。

そんなオリゴ糖には、嬉しい効果がたくさん♪

便秘解消
肌荒れのケア
花粉症・アトピーなどのアレルギー症状のケア
免疫力を高める
生活習慣病の予防
痩身サポート

これらの働きは、オリゴ糖が大腸まで届き、
腸内環境を整えてくれることが要因となります。

では、全てのオリゴ糖がそうなのか・・?

それを知っておくのが重要なポイントですよ(#^.^#)

難消化性オリゴ糖なら、腸内で吸収されないから太らない!?

bf76c9cbd5e6a1f8f4520953bd6115341
(出典 http://wooris.jp/ )

オリゴ糖は【消化性オリゴ糖】【難消化性オリゴ糖】の2つに分類できます。

消化性オリゴ糖
栄養として体内で吸収されるオリゴ糖です。
口内や胃内、腸内等の様々な分解酵素によって分解され、
エネルギーや脂肪等によって吸収されます。
大腸まで届かないので、腸内環境を整える働きは弱いとされています。

難消化性オリゴ糖
体内に消化・吸収されないオリゴ糖です。
消化・吸収されず大腸まで届くので、
便秘解消や肌荒れ・アレルギー症状へのケアなど、
腸内環境を良くするのに効果的なオリゴ糖です。

先ほど挙げたオリゴ糖の働きは、
難消化性オリゴ糖限定!のことです。

また、普通の砂糖と比べて低カロリーということもあり、
難消化性オリゴ糖は甘いのに太らないというわけなんですね♪

注意!市販のオリゴ糖によってはショ糖が含まれているかも?

2013_1129003212
(出典 http://www.fonicris.org/ )

オリゴ糖なら太らない、と言いましたが、
ここで注意していただきたいことがあります!

薬局やスーパーで売られている商品のオリゴ糖は太る可能性が高いです!

え!?さっきと言ってること違う!って思いますよね。

『オリゴ糖』として記載されている商品ですが、
オリゴ糖以外に何が含まれているかが重要なのです。

商品の原材料のところを見ていただくとわかるように、
オリゴ糖以外の糖分、ショ糖などが含まれていたりします。

高純度のオリゴ糖を生成して粉末状にする事は
かなりコストがかかり、比較的安価な商品は、
オリゴ糖自体は半分くらいしか含まれていない事が多いのです。

このような商品をダイエット目的で摂取しても、
普通の糖分を摂っている事と何も変わらないので、
残念ながら太らないはずがありません。

ですので、ダイエット中・糖尿病で糖質制限が有る方は、
注意して購入するようにしてくださいね。

ダイエットに最適なオリゴ糖は?!

Fotolia_53887396_XS-min
(出典 http://dietbook.biz/ )

それではダイエットに最適なオリゴ糖とはどういうものなのか、
ご紹介しますね♡

フラクトオリゴ糖
天然ではタマネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニクなどに含まれますが、
いずれも少量なため加工食品やサプリメントで摂取することが効率的です。
ただ、中南米アンデス高地原産のヤーコンという
キク科の根菜の塊根部(芋)には
フラクトオリゴ糖が多く含まれていると言われています。

Screenshot 2016-04-08 at 01.26.34
(出典 http://matome.naver.jp/ )

フラクトオリゴ糖は虫歯にもなりにくく、控えめな甘さで、
味は砂糖に近く癖がありません。
カロリーは砂糖の約半分の2kcal/gです。

消化性はあまりありませんのでダイエットにも有用ですが、甘みはやや低めです。
ビフィズス菌の増殖作用のほか、
ミネラルの吸収を促進する作用があります。

カルシウムの吸収も促進しますので、
骨密度の低下を押さえることができ、
お年寄りの方の健康増進にもオススメできます。
もちろん、整腸作用などの便秘の改善など、美容にも最適です。

乳果オリゴ糖
別名をラクトスクロースやミルクオリゴ糖とも呼ばれており、
特に天然の素材から摂取するのはとても難しく、
発酵ヨーグルトに微量が含まれている程度です。

そのため牛乳を原料にした乳糖やサトウキビのショ糖から
人工的に抽出されたものがほとんどです。
水溶性の性質があることから、
シロップなどに使われることが多く、
カロリーがとても低いのでダイエット甘味料としても期待されています。
虫歯の原因にもなりません。

オリゴ糖の中でも最も甘みが強く、砂糖の甘さに近いため、
甘味料系の商品に使われることが多くあります。

消化性は少なく、ビフィズス菌の増殖作用が強いです。
便通の改善、骨密度の改善などにも効果があると言われており、
美容にも、お年寄りの方にもオススメできます。

※牛乳でお腹を壊す人が乳果オリゴ糖を多めに摂取すると、
お腹の調子が悪くなる事もありますのでご注意ください。

赤ちゃんや妊婦さんにもOKなオリゴ糖は!?

normal
(出典 https://cuta.jp/5365 )
妊娠中は、ホルモンバランスの変化や子宮が腸を圧迫することで
便秘になりやすく、悩んでる方も多いかと思います。

赤ちゃんもまた、母乳不足になると便秘がちになります。

食べる物や服薬には人一倍気にしなければならないので、
便秘になってしまった時は対策に困ってしまいますよね。

そんな妊婦さんや赤ちゃんも安心して摂取することができる、
天然成分から抽出した純度の高いオリゴ糖をご紹介しますね♡

ガラクトオリゴ糖
特に牛乳などの乳製品に含まれており、
甘さは砂糖の4分の1程度ということで、
さわやかな甘みですが、甘みそのものは弱いです。

もちろん砂糖より低カロリーであり、
虫歯予防にも効果があると言われています。

消化性は少なく、ビフィズス菌の増殖作用のほか、
タンパク質の吸収を助ける働きがあります。
母乳にはこのガラクトオリゴ糖が多く含まれていて、
赤ちゃんの成長の早さの手伝いをしています。

ビートオリゴ糖
砂糖大根から抽出した天然のオリゴ糖です。
容量で味も甘みがほとんどないので、
どんな料理にも混ぜやすく、
酸や熱に強いため、煮込み料理などの使用にも問題ありません。

免疫活性化、アトピー皮膚炎改善、
肝機能改善などに有用との研究もあります。
非常に吸湿性が少ないことも特徴です。
消化性が少なく、低カロリーです。

天然成分から作られているオリゴ糖は、
妊婦さんや赤ちゃんが口にしても、
悪影響を与えることはありません。

便秘かどうか判断しにくいケースでも
安心して摂ることができますね。

オリゴ糖はどんな方にとっても、頼もしい味方ですね(*^_^*)
ぜひ皆様も、
普段お使いの白砂糖からオリゴ糖に変えてみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK


関連記事

  1. 【なつみ0304】アイキャッチ画像

    乳酸菌ラクティス乳酸菌は大豆抽出!お腹の乳酸菌を増やす!?

  2. 【なつみ0102】アイキャッチ画像

    肩甲骨はがしって何!?猫背、肩こり、目の疲れ・・周りに効くストレ…

  3. 【なつみ0409】アイキャッチ画像

    スキレットのおすすめ!人気のサイズと値段、お手入れ方法♪

  4. 【なつみ0501】アイキャッチ画像

    糖質制限ダイエットのやり方!食べちゃダメな野菜がある!?

  5. 美脚①

    美脚の作り方!ハリと自信のある脚にしよう!2016年春夏★

  6. Screenshot 2015-12-14 at 20.19.55

    肌断食で冬も乾燥知らず?肌本来の力を取り戻して、素肌美人を目指そ…

おすすめ記事

  1. スクワットチャレンジの効果は?間違ったやり方だと太くなる!?
  2. BBQの食材をおしゃれに!?モテる差し入れで女子力UP!
  3. ライザップの内容、筋トレを知りたい!週2の無酸素運動が秘密?!
  4. 水素水の効能は?ダイエットに最適?上手な飲み方や選び方は?
  5. 二の腕のダイエット!痩せるエクササイズで夏までに細くなろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

SPONSORED LINK

ライター:めぐヽ(*´∀`)ノ
8歳の息子・5歳の娘と暮らす、
30歳のシングルマザーです!
酸いも甘いも知った私の人生・・
でも常に前向き前のめりです♪
よろしくお願いします♡ヽ(*´∀`)ノ

ページ上部へ戻る